782: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/08(金) 23:01:17.90 ID:j0QbKOLw
話で聞いた友人10人が披露宴の余興でしたこと 
新婦友人としてスピーチする際に 
「新婦にみんなから十万プレゼントしま~す」と言うと一人が封筒を取り出した 
「(新婦)さん。会って始めに言われたネクラって一言忘れないよ」 
そう言うと一万入れて次に 
「二人の男性の間で揺れ動く女心を楽しそうに話してたよね」 
「さんざん男と遊んだくせに」 
「氏んでくれっとどれだけ願ったことだろう」 
「○○くんはあなたにとってお金がなかったらご縁がなかったんだね」 
「ほんとにろくでなしだね」 
「頭すっからかんでなんにもないのにね」 
「自棄でその人にしたんだ」 
「苦しんでちょうだいね。一生」 
一万ずつ入れながら封筒を渡して行き、最後の一人が新婦の前に行くと 
「私たちからの絶交金。全部で十万。受け取って」 
と新婦の頬を封筒で張り倒した 
そしてそのまま会場を後にする友人たち 

大騒ぎになったことを聞き、後にその一人に話を聞いてみたら、新婦は「世の中は可愛さだけで生きていける。友達は私のためにいるのよ」なお嬢さんだったんだとか(つまりかなりわがままでお姫様だったらしい) 
にしても何で十万円もあげたのか聞いてみると 
「円じゃないよ。あれ、ウォンだから。1万円くらいしか価値ないのよ。十万にしたのは十分苦しめってことで」 
その言葉にスピーチの意味が分かり、思わず拍手してしまった



【この記事の続きを読む】